2006年04月21日

105円本は手間がかかるだけ

この2ヶ月ほど、105円本はほとんど仕入れていない。
定価の約半額で売られているきれいな古本を仕入れている。
もちろん仕入れ額は数倍になる。
しかし、出品価格も売り上げ順位も調べられるのだから何の問題もない。
当然新しい本が多いし、売り上げ順位も高いものが多い。だからすぐに売れて、商品の回転がはやい。かつ、在庫も発送も少なくてすむ。
105円本よりリスクが高いような気がするが間違いなく気のせいだ。

もう105円本の出品価格を調べることはほとんどしないだろう。

仕入れ価格にこだわらず、どんどん価格を調べてどんどん仕入れよう。


posted by びお at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

変わった評価

購入されたかたは出品者を評価するわけですが、なかには変わった評価をするかたがいます。

「評価1 ありがとうございました」
1がもっともよい評価だと思われているようです…。困ります。
「評価1 あまりおもしろくなかった。期待はずれ」
本の内容を評価されても…困ります。
「評価5 ありg」
エンターキーを連打してしまったのでしょうか。
困りませんし、気持ちは伝わりました。うっかりミスにご注意ください…
posted by びお at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

購入者へのアドバイス?

これまでに5000冊ぐらい売ったのではないかと思いますが、出品商品はきちんと状態をチェックしているつもりですが、ごく希に 書き込みに気付かずに発送してしまうことがありました。
その他、購入者の思っていた状態より悪かったとかもあります。
その時の購入者の行動も様々です。
書き込みがあったと悪い評価をつける人、酷い場合には、詐欺だとか出品させるなとかの評価も3回か4回ありました。
メールで連絡を頂く場合もありますが、純粋な問い合わせの場合の他に、いかにも騙したな!という気持ちのでている怒りのメールの場合もあります。

私の場合どう対応しているかというと、評価は無視しています。
私は自動返信メールで、商品状態に問題があれば連絡をほしいと書いてありますし、割引あるいは全額返金で対応すると連絡してありますので評価で何を書かれても連絡のない場合には対応していません。

メールで連絡のあった場合には、基本的に全額返金かつ返品なしです。
するとどんなに怒りのメールであった人でも、だいたいは丁寧な対応ありがとうございました、また購入させていただきます、という結果になります。

購入されたかたは、商品に不具合があるとすぐに騙されたという気持ちになってしまうのかもしれません。
でも商品代金は数百円とか高くても数千円です。
数千円騙したせいで販売を続けられなくなるなんてばかげています。

絶対とはいえませんが、評価数が数百と多い出品者はそれなりに利益を得ていて、販売を続けたいと思っていることでしょう。
それなら千円程度を騙しとろうとするなんて、ちょっと考えられません。
購入して商品に不満のあったかた、出品者にメールを出してみてはどうでしょう。
おそらく丁寧に対応してもらえるでしょうし、思っているよりも簡単に返金してもらえると思います。

ここで書くようなことじゃないとは思いますが、いきなり怒りをぶつけるということは結局は「文句を言ってやった」というだけの自己満足であって、実はしらないところで損をしてるんだな、と最近よく思います。
posted by びお at 02:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。